医療法人輝鳳会の
NK療法(免疫細胞療法)について
NK THERAPY

  1. HOME
  2. 当クリニックの治療について
  3. 医療法人輝鳳会のNK療法(免疫細胞療法)について

NK療法(免疫細胞療法)とは?

NK細胞は免疫監視機構の
主体となる細胞で、
健康な方でも
日々体内で作られているがん細胞の排除に大きく貢献しています。
様々ながんに共通して認められる目印でがんを識別して排除することが
できる細胞です。
そのため、色々ながんに対して治療効果が期待できます。

  1. NK療法について
  2. NK療法の特徴
  3. 治療の流れ
  4. 治療スケジュール

NK療法について

NK療法は個々の患者様が生来持っている、がんに抗う力の主力であるNK細胞を体外で増殖・活性化させて再び体内に戻す治療法です。

ご自身の細胞を戻す治療法であるため、副作用が非常に少ない治療法ですが、まれにアレルギー反応など思わぬ副作用が出る可能性があります。また標準治療にとって代わる治療法ではありませんので、標準治療との併用をお勧めしています。

NK療法の費用

1回360,000(税抜)

当治療法は、保険適用ではないため公的保険は利きません。 海外在住の方には、別途コーディネート費、通訳費等が加算されます。

NK療法の治療方法

NK療法で用いているNK細胞は強い抗腫瘍効果を持っている点が注目されています。

NK細胞はリンパ球の一種で、自然免疫系の細胞に属します。自然免疫系の細胞は排除すべき対象をパターンで認識するといった特徴があるため、様々な対象に対して、その能力を如何無く発揮することができます。また、NK細胞には他の細胞を破壊するタンパク質が大量に含まれていることから、強い殺傷能力を持っていると考えられています。医療法人輝鳳会の治療法は、汎用性が高く効果が最も期待できると考えられるNK細胞を培養により増やし、さらに攻撃力を高めて、再び点滴で体内に戻す治療法です。

がん細胞をいち早く発見して殺傷するのがNK細胞です。

NK細胞は血液中を常に臨戦態勢で循環しており、異常な細胞を見つけると即座に排除していると考えられています。がん細胞は健康な方でも毎日3,000個〜6,000個くらいは体内で発生していると言われており、この発生したがん細胞排除の主役を担っているのがNK細胞です。しかし、がん患者様はこの細胞の働きが健康な人と比べて著しく低下していることが明らかになっております。

治療は血液50ccほどを採取することから始まります。

まず、静脈から血液を50cc採取します。
その後、無菌状態に保たれた培養施設の中で血液から必要な細胞を取り出し、熟練した培養技師が約2週間かけて培養します。これにより、NK細胞は数百倍から千倍程度まで数が増えると共に、がん細胞を排除する力が増強されます。培養後の増殖・活性化したNK細胞は生理食塩水と共に点滴で体内に再び戻されます。

NK療法の特徴

標準治療との併用もでき継続的に治療が可能です。
  • 標準治療と併用することで相加的、相乗的な効果が期待できます。
  • QOL(生活の質)を損なうような副作用が出難い治療であるため、継続的に治療を行うことが可能です。
治療に伴う身体的・時間的負担が少なく済みます。
  • アフェレーシス(成分採血)が必要ないため、採血は短時間で済みます
  • 点滴投与の時間も30分前後で済むため、治療に多くの時間を費やす必要はありません
患者様の状況に合せてお受けいただける治療です。
  • 病期を問わずに治療ができます。また、再発や発症予防目的でも治療が可能です。
  • その他、急に投与ができなくなった場合なども細胞を一時的に凍結保存することで改めて投与することができます。

治療の流れ

相談(初診)

患者様やご家族のご相談をしっかりお聞きし、詳しい治療内容やスケジュールなどをご説明いたします。(随時開催の相談会にお申込みください)十分なご理解をいただき、ご同意を得た上で治療に入ることになります。(初診)

治療期間

採血

患者様の血液を約50cc採取します。(NK細胞を摂取する上で必要な採血量となりますが、貧血などの理由により採血50ccが困難な場合、20ccの採血で可能な「アルファ・ベータT細胞療法」をお勧めする場合がございます。)

培養

医薬品の製造環境と同じ環境で約2週間かけて培養し、NK細胞を数百~数千倍を目安に増やします。患者様の状態によって異なりますが、おおよそ30億個~50億個程度になります。

投与

増殖し活性化したNK細胞を生理食塩水とともに点滴(30分前後)で患者様に戻します。
ご本人の細胞ですので副作用は少ないですが、まれに活性化した細胞が産生するサイトカインによる一過性の発熱を伴うこともあります。

効果判定

1クール(6回投与)終了後、CT・検査データをお持ちください。
結果を見て今後の治療についてドクターと患者様やご家族とお話し合う機会を設けております。

治療スケジュール

標準的スケジュール
(1クール 12週間 約3ヶ月)
  • 採血
  • 投与
6回の治療(採血 - 投与)が1クールです。 治療スケジュールは患者様によって異なる場合がございます。 上記のスケジュールは、標準的な治療と集中的な治療の代表的な例です。 効果判定後の治療についても、組合せて様々な治療を行うことが可能です。

当医療法人輝鳳会は高い安全性を確保し、
がん患者様とご家族様に安心して、
ご満足いただける治療を提供しております。

医療法人輝鳳会では
随時相談会を実施しております

お問い合わせ CONTACT

お電話でのお問い合わせ

ご不明点があれば、お気軽にご連絡ください。
担当受付が丁寧にご案内いたします

メールでのお問い合わせ

ご質問お問い合わせは下記フォームから
ご連絡ください。