医療法人輝鳳会のNK療法(免疫細胞療法)について

NK療法(免疫細胞療法)について

NK療法(免疫細胞療法)は患者さんご自身の免疫細胞を使用するため、基本的には、一部のがんを除くほとんどのがんに適用可能な療法です。
ただまれにアレルギー反応など思わぬ副作用が出ることも否定できません。
また標準治療にとって代わる治療法ではありません。
輝鳳会では、標準治療の中で選択肢があるうちは、それらとの併用をお勧めしています。

NK療法(免疫細胞療法)

1回 300,000円(税抜)

※当治療法は、保険適用ではないため公的保険は利きません。
※海外在住の方には、別途コーディネート費、通訳費等が加算されます。

NK療法(免疫細胞療法)において使用する細胞のなかでも、NK(ナチュラルキラー)細胞の効果が注目されています。
もっとも原始的な免疫細胞であるNK細胞はリンパ球の一種で、自然免疫の中心的役割を果たし、ウイルスに感染した細胞やガン細胞に結合して殺傷する役割を持っています。NK細胞は、異物を攻撃するという特性を有しています。 がん細胞は健康な方でも毎日3,000個〜6,000個くらいは体内で発生していると言われており、がん細胞をいち早く発見して殺傷するのがNK細胞です。 がん患者様はNK活性が健康な人と比べて低下していることが明らかになっております。医療法人輝鳳会の治療法は、最も確実性が高いと考えられるNK細胞を主に活性化培養して点滴で体内に戻す治療法です。がん細胞は健康な方でも毎日3,000個〜6,000個くらいは体内で発生していると言われており、がん細胞をいち早く発見して殺傷するのがNK細胞です。
がん患者様はNK活性が健康な人と比べて低下していることが明らかになっております。NK療法(免疫細胞療法)は、最も確実性が高いと考えられるNK細胞を主に高活性化培養し、点滴で体内に戻します。

高活性化NK細胞療法

治療は血液50ccほどを採取することから始まります。
一般の献血が400ccですので、それと比べるとはるかに少量です。
その後、約2週間をかけて、無菌状態に保たれた最先端の培養施設で、熟練の培養技師が培養、活性化し、NK細胞を数百から数千倍を目安に増やします。
健康な人が持っているNK細胞の数は約1億個ですので、4億~5億個を目指して培養します。(NK細胞の数値は目安であり、培養期間や患者様の状態によって異なります。) それを生理食塩水とともに、点滴で患者様に戻します。

NK療法(免疫細胞療法)の特徴

  • 特徴1:標準治療との併用もでき継続的に治療が可能です。

    • 耐性ができる治療ではなく、治療の継続が可能です。
    • QOL(生活の質)の高い生活を続けることが望めます。
  • 特徴2:患者様の時間負担が少なくなることを目指しています。

    • アフェレーシス(成分採血)のような長時間・多量の採血は必要ありません。
    • 点滴投与の時間は30分前後です。
    • 患者様自身の免疫を使用する治療です。
  • 特徴3:患者様の状況に合せてお受けいただける治療です。

    • 遠隔転移や潜伏がん(ごく小さながん細胞)でもお受けいただけます。
    • 肺がんや大腸がんのように転移しやすい場合にもお受けいただける治療です。

治療の流れ

  • 相談 患者様やご家族のご相談をしっかりお聞きし、詳しい治療内容やスケジュールなどを
    ご説明いたします。(随時開催の相談会にお申込みください)
    十分なご理解をいただき、ご同意を得た上で治療に入ることになります。(初診)
  • 採血 患者様の血液を約50cc採取します。(NK細胞を摂取する上で必要な採血量となりますが、貧血などの理由により採血50ccが困難な場合、20ccの採血で可能な「活性化リンパ球療法」をお勧めする場合がございます。)
  • 培養 約2週間かけて、無菌下で高活性化し、NK細胞を数百~数千倍を目安に増やします。
    健康な人が持っているNK細胞の数は、約1億個ですので、4億~5億個を目指して培養します。
    (NK細胞の数値は目安であり、培養期間や患者様の容態によって異なります。)
  • 投与 増殖し高活性化したNK細胞を生理食塩水とともに点滴(30分前後)で患者様に戻します。
    ご本人の細胞ですので、まれに一過性の発熱を伴うこともあります。
  • 効果判定 1クール(6回投与)終了後、CT・検査データをお持ちください。
    結果を見て今後の治療についてドクターと患者様やご家族とお話し合う機会を設けております。

治療スケジュール

標準的スケジュール (1クール 12週間 約3ヶ月)
※6回の治療(採血 - 投与)が1クールです。

標準的スケジュール (1クール 12週間 約3ヶ月)

治療スケジュールは患者様によって異なる場合がございます。
上記のスケジュールは、標準的な治療と集中的な治療の代表的な例です。
効果判定後の治療についても、組合せて様々な治療を行うことが可能です。

当クリニックの強み

培養センターの併設

がんのクリニックでは、厚生労働省届け出済みの培養センターを併設しております。
当医療法人輝鳳会は高い安全性を確保し、がん患者様とご家族様に安心して、ご満足いただける治療を提供しております。

培養センター(CPC)について・・・

GMP準拠のクリーンルームにて熟練の培養技師が細胞培養を行っています。
クリーンルームの空気清浄度はクラス10,000です。これは、1f3 (1立方フィート≒28.3リットル)あたりの塵埃などの粒子が10,000個以下という意味です。ちなみに、郊外住宅地ではクラス400,000、事務所でクラス1,000,000が目安とされています。クリーンルームと呼ばれる施設の標準的な清浄度になります。この状態を維持するために、外気から空気を取り込むときに3種類のフィルター(HEPAフィルター)を通しています。また、作業者は滅菌された服に着替え、マスク、手袋をして作業します。細胞を取り扱う作業は、さらにHEAPフィルターを通して清浄度を上げた、安全キャビネットと呼ばれる無菌作業用の機器内で行います。安全キャビネット内はクラス100の清浄度が維持されています。
また、安全キャビネット内での作業は、おひとり分ずつ個別に作業しますので取り違え等が発生し得ない運用となっています。さらに、使用する器具、容器はすべて1回きりの使い捨てを使用します。
特殊な培養技術を用いることにより、NK細胞を選択的に増殖・活性化させ、高い治療効果を目指しております。

認定再生医療等委員会の設置

「再生医療等安全性確保法(平成25年法律第85号)」に基づき、医療法人輝鳳会認定再生医療等委員会を設置し、2015年5月に近畿厚生局から認可を受けました。当委員会は、NK療法(免疫細胞療法)を含む第三種再生医療等提供計画に関する安全性・倫理性等の審議等を行うものです。

標準治療(三大療法)について