標準治療(三大療法)について

現在、一般的に行われているがんの治療法としては、保険適用になっている「手術」「放射線」「抗がん剤」の三大療法があります。それぞれ単独で行われる事もあれば、病状によって、手術と抗がん剤、抗がん剤と放射線といったように、組み合わせて行われることもあります。がんの種類や進行度によってこれらを組み合わせることで、「集学的治療」として効果を上げることが期待されています。

外科的治療
(手術)
目に見える腫瘍(がん)を切除によって取り除く治療です。がんの転移や浸潤がなければ、最初に検討されるべき治療であり、特に初期のがんで根治をめざす場合は手術が最善の治療法となります。手術不可能、手術に伴うデメリットが大きい場合は以下の治療が検討されます。
放射線治療
放射線をがんに照射し、がん細胞を変性させ殺傷します。原則として、少ない線量の放射線を何回かに分けて照射することで、正常細胞へのダメージを与えることのないよう進めていきます。放射線療法は1回の治療時間が短く、通院で受けられる点で手術と比較すれば負担は少ないと言えるでしょう。保険診療では手術が困難な部位に対してや手術後の補助療法、化学療法との併用で放射線治療が検討されることが多いです。
薬物療法
(抗がん剤)
薬物療法は、化学療法剤・ホルモン剤・分子標的薬、抗体医薬、免疫チェックポイント阻害剤などの薬物によって、がん細胞の増殖を防いだり死滅させる治療で、体の中にいる目に見えないがん細胞もターゲットにした全身療法です。白血病やリンパ腫、転移浸潤のある進行がんで、手術や放射線が不可能な場合に選択されますが、手術後の補助療法や放射線治療との併用で使われる場合も多いです。

免疫療法について

免疫細胞療法は患者さんご自身の免疫細胞を使用するため、身体への負担が少なく、標準治療で起こるような重い副作用は極めて少ないことが報告されています。
また、基本的には、一部のがんを除くほとんどのがんに適用可能な療法です。このような点から標準治療に次ぐ、「第4の療法」として注目されています。
ただまれにアレルギー反応など思わぬ副作用が出ることも否定できません。
また標準治療にとって代わる治療法ではありません。
輝鳳会では、標準治療の中で選択肢があるうちは、それらとの併用をお勧めしています。