医療法人輝鳳会の「高活性化NK細胞療法」は
身体に優しい治療法として注目を集める
「最先端のがん治療」です。

main-img

がん細胞を攻撃しようと集まってくるリンパ球の様子。真ん中にある大きな細胞ががん細胞です。


免疫細胞療法とは、自己の免疫細胞を体外で培養し活性化させ、体内に戻すという療法です。
がん患者様は、免疫細胞の活性が健康な人と比べて低下していることが明らかになっております。
そこで、体外で免疫細胞を増やし活性化させ体内に戻すことで、体内の免疫力を強化し、がん細胞に確実な攻撃を仕掛けて「がん」の進行を阻止することを目指しています。

免疫細胞療法は、手術、抗がん剤治療、放射線治療といった、がんの三大療法(標準治療)と併用することで、副作用や体力低下などのデメリットを補う相乗効果があると考えられています。
また、培養し活性化させる細胞は患者様ご本人の免疫細胞ですので、まれに一過性の発熱を伴うことはあっても免疫細胞療法単独での副作用の心配はほとんどないと言えます。
がん細胞と正常細胞を区別し、正常細胞の遺伝子にはダメージを与えることがありません。
免疫細胞療法は、三大療法(標準治療)と併用することで得られる相乗効果や副作用の軽減を目指すことができます。

当クリニックの高活性化NK細胞療法の特徴

患者様から大量のリンパ球を取り、大量のNK細胞を作り出すことも可能ですが、大量のリンパ球を取るには、アフェレーシスという成分分析採血機を用い、2時間ほどかけて採血を行わなければならないため、体力のないがん患者様には大きな負担となり、返って体力を奪う結果になりかねません。また、そうして出来た大量のNK細胞をがん患者様に戻すことにより高熱が出て、さらに体力を奪うことになります。 手術、抗がん剤、放射線などで、痛めつけられた身体にさらに追い打ちをかけるようながん治療は、身体にやさしい治療とは言えないと考えております。 当クリニックの「高活性化NK細胞療法」は、NK細胞を充分に活性化させるため、がんに対する攻撃能力が高く、効果も充分期待できると言えます。

手術と高活性化NK細胞療法を併用手術と高活性化NK細胞療法を併用する場合
外科手術によってがん組織そのものを取り除いた後、
免疫細胞療法によって目に見えないがん細胞を攻撃。
再発・転移を防ぐために非常に有効であると考えられます。
放射線治療と高活性化NK細胞療法を併用放射線治療と高活性化NK細胞療法を併用する場合
放射線治療は、がん細胞を消滅させたり、細胞数を少なくすることができますが、同じ箇所に照射できるに放射線量に上限があり、それを超えて治療を続けることができません。 さらに放射線により免疫力の低下がおこります。
免疫細胞療法と併用する事で、ご自身の免疫力を高めながら治療に取り組むことができると言えます。
抗がん剤治療と高活性化NK細胞療法を併用抗がん剤治療と高活性化NK細胞療法を併用する場合
抗がん剤はがん細胞以外にも正常な細胞や免疫細胞にもダメージを与えてしまいます。体力の低下や抗がん剤への耐性ができることにより、治療継続が不可能になる事もあります。 免疫細胞療法を併用すればがん患者様の低下した免疫細胞を増殖・活性化し体内に戻すことで、抗がん剤の副作用を抑えながら、継続的に治療に取り組むことができるようになると言えます。

免疫細胞療法の種類と比較 >