0120-582-820

「あきらめないがん専門クリニック」として、進行ガンを積極的に治療します。

再生医療等安全性確保法(再生医療新法)について

医療法人輝鳳会は
第三種再生医療等提供計画番号を
取得しています

平成26年11月25日に施行された法律です。これは国民が安心して再生医療が受けられるように、再生医療の有効性とその安全性を確保するための法律です。
再生医療は人の生命及び健康に与える影響の程度に応じて、第一種、第二種、第三種に分類されており、医療法人輝鳳会で実施する体細胞を加工して行う治療法は最もリスクの低い、第三種再生医療に該当します。

免疫細胞療法等、再生医療を行う医療機関は「再生医療等提供計画」を作成することが義務付けられました。また、治療の安全性確保の為に、【認定再生医療等委員会】により、厚生労働大臣が定める再生医療等提供基準に照らした再生医療等提供計画の審査や厚生労働大臣への定期報告等といった法的な義務が課せられます。
医療法人輝鳳会はこの手続きを迅速に行い、厚生労働省から承認を受け、計画番号を取得した施設です。

医療法人輝鳳会 池袋クリニック

再生医療の名称
計画番号
高活性化NK細胞療法
PC3150141
高活性化αβT細胞療法
PC3150143
樹状細胞療法
PC3150142

医療法人輝鳳会 新大阪NKクリニック

再生医療の名称
計画番号
高活性化NK細胞療法
PC5150125
高活性化αβT細胞療法
PC5150126
樹状細胞療法
PC5150127

※再生医療等提供計画を厚生局へ提出せずに免疫細胞療法(第三種再生療法)を行うことは、法律で禁じられています

新法により、細胞培養加工施設も厚生労働省へ届出(企業の場合は認可申請)が義務付けられました。当クリニック併設の培養センターについても、厚生労働省への届出を済ませ、受理されております。

医療法人輝鳳会 新大阪NKクリニック培養センター

届出受理日 平成27年4月23日

施設番号:FC5150015

医療法人輝鳳会 池袋クリニック培養センター

届出受理日 平成27年5月21日

施設番号:FC3150184

医療法人輝鳳会では「あきらめないがん治療」をかかげ、日々、患者様やご家族のお力になれるよう安全で安心な再生医療を提供いたしております。また、当クリニックは全て通院で行える身体にやさしい治療を実施しています。

厚生労働省が認定する審査委員会で、再生医療等提供機関の実施する再生・細胞医療の倫理性、安全性、及び継続の妥当性等を審査するための委員会です。
認定を受けるには、厚生労働省が定める以下の構成要件を満たさなければなりません。

構成区分
構成要件
1.医学・医療
再生医療についての十分な科学的知見及び医療上の識見を有する者。
医学または医療の専門家。
2.法律・生命倫理
法律に関する専門家または生命倫理に関する識見を有するもの。
その他の人文・社会的科学の有識者。
3.一般
上記以外の一般の立場の者。

医療法人輝鳳会はこれらの構成要件を満たした専門家で構成され、厚生労働省の認定を受けた『認定再生医療等委員会』を有しております。
また、当クリニックとは利害関係のない外部の方にも委員就任をおねがいし、公正性を保っております。

委員会の名称
医療法人輝鳳会認定再生医療等委員会
認定の区分
第三種再生医療等
設置者
理事長 甲 陽平
認定年月日
平成27年5月27日
認定番号
NB5150001

医療法人 輝鳳会 〒171-0022 東京都豊島区南池袋1-25-11 第15野萩ビル7階 Tel:0120-582-820 Mail:info@kihoukai.net
Copyright(C) 2014 Kihoukai gannoclinic All Rights Reserved.

ページの先頭にもとる
ft-soudan ft-shiryo