抗がん剤治療との併用をおすすめする理由

進行がん患者様で抗がん剤治療をされている方、また検討されている方で、NK療法(免疫細胞療法)との併用について悩んでおられるケースが多くなっています。医療法人輝鳳会では、これまでの臨床経験から、抗がん剤治療には、NK療法(免疫細胞療法)の併用が欠かせないと考えています。

それは、患者様ご自身の免疫力の向上を目指しながらがん治療に取り組むことが可能となることにあります。NK療法(免疫細胞療法)の併用によって高いQOL(生活の質)を維持し病気の克服を目指していくことが可能となると考えています。

最近、免疫療法に対する理解も拡がり、快く抗がん剤治療との併用を認められる医師も増えて参りました。当院では、主治医の先生方との連携を深めながら、患者様のよりよい人生や生活のために力を尽くしていくことを目指しております。

なお、抗がん剤投与とNK療法(免疫細胞療法)の治療時期については、必ず当院の医師との事前相談をお願いしております。