当クリニックの強み

当院の治療法

がんのクリニックでは、各種がんに応じた治療法を実施しておりますが、
その中でも代表的な治療法についてご紹介いたします。

高活性化NK免疫細胞療法の特徴

当クリニックのNK細胞療法は、単にNK細胞の数を増やすだけでなく、
がん細胞に対する殺傷能力を強化する技術を駆使し、眠っているNK細胞をも活性化させるため、
「高活性化NK細胞療法」と銘打っています。

当クリニックには、がん患者様に極力負担をかけず最大限の効果を引き出すノウハウがあります。

  • 特徴1:ご自身の免疫を最大限に高める療法です

    • 抗がん剤のような耐性ができませんので、治療の継続が可能です。
    • QOL(生活の質)の高い生活を続けることが望めます。
  • 特徴2:負担が少なく身体にやさしい治療です

    • アフェレーシス(成分採血)のような長時間・多量の採血は必要ありません。
    • 点滴投与の時間は30分前後で、患者様への負担が少ないです。
    • ご自身の免疫を使うので、副作用がほとんどありません。
  • 特徴3:局部治療ではなく、全身治療です

    • 遠隔転移や潜伏がん(ごく小さながん細胞)にも効果が期待できます。
    • 肺がんや大腸がんのように転移しやすいがんには特に適した治療法といえます。

これまでの治療実績

当院では、進行がんを積極的に治療するクリニックとして、開院以来多くの患者様にご来院いただいております。各実績をご紹介いたします。

病名 治療
症例総数
有効
症例総数
抗がん剤
併用
免疫療法
単独
有効率
すい臓がん 873 277 233 50 31%
肺がん 826 273 192 85 34%
大腸がん 729 251 169 82 34%
胃がん 715 279 214 65 39%
肝臓がん 467 84 41 43 18%
乳がん 364 155 101 54 43%
食道がん 259 62 45 17 24%
卵巣がん 243 108 73 35 44%
胆道がん 170 66 47 19 39%
前立腺がん 82 41 14 27 50%
子宮がん 60 22 11 11 37%
悪性リンパ腫 57 22 9 13 39%
喉頭がん 40 17 7 10 43%
原発不明がん 39 13 8 5 33%
その他 292 134 47 87 46%
合計 5216 1804 1201 603 35%
有効《がんの縮小、消滅、腫瘍マーカーの減少、延命を含む》

当院では、最も多いのが、すい臓がんの患者様です。次に肺がん、大腸がんと続きますが、いずれも転移しやすく、末期の患者様が多く含まれての実績です。さらに詳しい個々の治療症例は、医療広告ガイドラインにより掲載することが出来ませんので、資料請求された患者様に、ご希望に応じてお送りしております。
なお、この表には提携クリニックの実績は含まれておりません。

培養センターの併設

がんのクリニックでは、厚生労働省届け出済みの培養センターを併設しております。
当医療法人輝鳳会は高い安全性を確保し、がん患者様とご家族様に安心して、ご満足いただける治療を提供しております。

培養センター(CPC)について・・・

GMP準拠のクリーンルームにて熟練の培養技師が細胞培養を行っています。
クリーンルームの空気清浄度はクラス10,000です。これは、1f3 (1立方フィート≒28.3リットル)あたりの塵埃などの粒子が10,000個以下という意味です。ちなみに、郊外住宅地ではクラス400,000、事務所でクラス1,000,000が目安とされています。クリーンルームと呼ばれる施設の標準的な清浄度になります。この状態を維持するために、外気から空気を取り込むときに3種類のフィルター(HEPAフィルター)を通しています。また、作業者は滅菌された服に着替え、マスク、手袋をして作業します。細胞を取り扱う作業は、さらにHEAPフィルターを通して清浄度を上げた、安全キャビネットと呼ばれる無菌作業用の機器内で行います。安全キャビネット内はクラス100の清浄度が維持されています。
また、安全キャビネット内での作業は、おひとり分ずつ個別に作業しますので取り違え等が発生し得ない運用となっています。さらに、使用する器具、容器はすべて1回きりの使い捨てを使用します。
特殊な培養技術を用いることにより、NK細胞を選択的に増殖・活性化させ、高い治療効果を目指しております。

認定再生医療等委員会の設置

「再生医療等安全性確保法(平成25年法律第85号)」に基づき、医療法人輝鳳会認定再生医療等委員会を設置し、2015年5月に近畿厚生局から認可を受けました。当委員会は、免疫細胞療法を含む第三種再生医療等提供計画に関する安全性・倫理性等の審議等を行うものです。

がんのクリニック3つのお約束

当院では、いまや「がん」=「死」ではないと考えております。「がん」という病気の大きな原因のひとつは、強いストレスによる免疫力の低下であります。
ご自身の免疫力をダイレクトに上げる「高活性化NK細胞療法」を柱とし、副作用が少ない治療法で、三大治療(標準治療)だけでは克服できないがんの克服を目指し、がん患者様の明るい未来を共に歩んで行けたらと切に願います。

  • お約束1:患者様のお体を何よりも大切にします

    多くの標準治療は体に負担をかけるものが多く、継続することで、体力が無くなったり、免疫力が低下することがあります。自らの体に生きる力を宿し、高めていく治療をしていくことで患者様のお体を大切にいたします。

  • お約束2:高度な専門性と培養技術でサポートします

    ご相談は、相談員ではなく、数多くの治療実績をもつ医師が、丁寧にご対応をさせていただきます。専門的な知見により、患者様のお悩みや不安・疑問などにお答えいたします。また、当クリニックの培養は、厚生労働省認可の培養施設及び院内培養施設で行い、その培養技術は長年の実績から培われたものです。

  • お約束3:一人ひとりの症状にあったベストな対応

    患者様の症状や、これまで受けてこられた治療の種類など様々です。がんのクリニックでは、患者様の多様なニーズに合わせて、「一人ひとりと向き合い」今の治療と併用できる方法や、複合的ながん治療をご提案させていただきます。生きがいや希望をもって、がんと闘う患者様を全力でサポートいたします。